この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

どんなマンションが良いのか

中古のマンションを購入する際

安いので、マンション運営をする時は中古を買おうと考えている人が見られます。
確かにマンションの本体価格は、新築に比べて安い価格がつけられているでしょう。
しかし長い年数、手入れが全くされていないマンションも存在しています。
するとすぐに壁が壊れるなどのトラブルが起こるので、工事しなければいけません。
修繕積立金の出番が早くなると覚えておきましょう。

新築のマンションなら、そのような事態はおきません。
コツコツと修繕積立金を貯金したいと考えている人は、新築のマンションを購入するのが良いですね。
新築というだけでも、入居者から見れば価値があります。
マンション運営をすると決めたら、新築を買えるようにお金を準備してください。

定期的にチェックしよう

見た目は綺麗なマンションでも、内部は壊れている可能性があります。
運営する際は、定期的に点検をしてください。
すると細かなトラブルにも、すぐ気づけます。
早めに気づいて工事を依頼すれば、簡単な工事で済ませることができます。
修繕積立金が少なくても、間に合うと思います。
まだ大丈夫だと思ってマンションをほったらかしにしていると、いつの間にか様々なトラブルが起こって、かなり大規模な工事になってしまいます。

するとマンションが使えない期間が長くなります。
住民がいる場合はその間、別の場所で生活を送ってもらわなければいけません。
迷惑をかけるので、工事期間が短くなる努力をしましょう。
定期的な点検が、工事期間を短くするコツです。