この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

修繕積立金を支払う人

住民から徴収することができる

修繕積立金の他に、マンションを管理する時は様々な出費が起こります。
計画的に修繕積立金を貯金しなければいけないと思っても、上手くできるか不安を抱いているでしょう。
しかし、修繕積立金は管理人だけが支払う金額ではありません。
マンションで暮らしている全ての住民が、修繕積立金を支払う決まりになっています。
住民の人数が多いなら、自分が負担する金額が少なくなるのでお得です。

住民を増やせる工夫をしてください。
管理人は住民より少し多い金額を修繕積立金として、毎月貯金しておきましょう。
実際に工事を業者に依頼する時、お金が足りなくなったら困ります。
工事にはどのくらいの費用が必要になるのか、事前に調べるのも良い方法です。

徴収しすぎないように注意しよう

住民から修繕積立金を徴収することはできますが、多すぎないよう気をつけなければいけません。
住民の負担が多くなると、そんなマンションで暮らしたくないと考える人が続出します。
どんどん住民が減るので、結果的に管理人が負担しなければいけない金額が増えます。
修繕積立金の、相場を調べるのが良いですね。
特に、これまでマンション運営をしたことがない人は、どのくらいの金額を徴収すれば良いのかわからないと思います。

毎月1万円程度を徴収していれば、修繕積立金は溜まります。
賃料と修繕積立金を個別に集金するのは面倒なので、一括で済ませてください。
修繕積立金が含まれた金額を、賃料として提示するとわかりやすいので良いですね。