この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

修繕する時に使用する費用のこと

管理費と修繕積立金

マンション内の電球が切れたり、水道にトラブルが起こったりした場合は管理費を使用します。
壁や天井が壊れて、生活を送るのに不安を抱いた場合は修繕積立金を使って修理してください。
そのように、2つは似ていますが使用用途は全く異なります。
マンション運営をする時に、どちらかしか用意していないと、急にお金が必要になった時に困ります。

修繕積立金は、マンションを購入してすぐ使うことはありません。
ですが、管理費はすぐ使うかもしれませんし、定期的に使用します。
そのことも踏まえて、毎月どのくらいのお金を管理費と修繕積立金に回せば良いのか考えましょう。
マンションに不具合が起こっていたら、すぐ修理する意識を持ってください。

貯金する猶予がある

すぐに修繕積立金は使わないので、貯金する猶予があります。
マンション全体を修理する時は、かなり高額な費用合が必要になります。
ですが計画的に毎月貯金していれば、問題なく支払えると思います。
修繕積立金のことを考えていないと、修理する時に高額な料金を請求されて困ります。
どんなマンションでも年月が経過すれば劣化するので、修繕が必要になります。

マンションの規模によって、必要なお金が変わります。
また、修理する箇所が少ないと安い費用で済みますが、規模が大きくなると費用も高くなります。
どのくらいの料金で修理できるのかは、その時になってみないとわかりません。
念のため、多めに修繕積立金を準備しておくと安心できます。