修繕積立金を用意しておこう

マンションの修繕積立金とは

修繕する時に使用する費用のこと

壊れた部分を直すためのお金と聞くと、管理費に含まれると思っている人がいます。 ですが、管理費は別に存在しています。 マンションの運営をする際は、管理費と修繕積立金を用意しておきましょう。 2つを比べて、どのような面が異なるのか具体的に把握してください。

修繕積立金と管理費が異なるもの

長い年月が経過すれば、マンションのいろんな部分に不具合が見られるようになります。
そのままの状態にしておくと、壁が剥がれたり天井が壊れたりして、落ち着いて暮らすことができません。
早く修繕しましょう。
急に修繕しようと思っても、大がかりな工事になるので費用が高額になります。
準備できないかもしれないので、事前に修繕積立金を蓄えておきましょう。
管理費とは別なので、混同しないように気をつけてください。

修繕積立金は、管理している人だけが支払うものではりません。
そこで暮らす人が、みんなでお金を出し合います。
マンションの大きさや築年数によって、徴収する金額が変わりますが、大体1か月1万円前後を徴収していれば、スムーズに修繕できると思います。
住民が多いと、徴収できる人が増えるので1人あたりの負担が少なくなります。
できるだけたくさんの住民を集めて、修繕積立金を徴収してください。

マンションを購入する時に、新築が良いのか中古が良いのか考えます。
中古のマンションは安い価格で販売されていますが、すぐに修繕しなければいけない時期が来るかもしれません。
新築はまだ綺麗で壊れている部分はありません。
修繕積立金のことも考慮して、新築か中古か決めてください。
もちろん、それぞれにメリットやデメリットがあります。
特徴を掴むことで、自分に向いているのがどちらなのか判断できます。
慌ててマンションを購入すると、洗濯を間違えるので注意しましょう。

修繕積立金を支払う人

もちろんマンションを管理している人も、修繕積立金を支払います。 しかし管理人だけが支払っていると、実際に工事が必要になった時、必要なお金を用意できません。 住民からも修繕積立金を徴収することで、必要なお金を確保できます。 毎月、住民から徴収してください。

どんなマンションが良いのか

お金に余裕がない人は、中古のマンションが良いと言われています。 中古のマンションは安い部分が魅力ですが、年数が経過しているマンションなので、すぐ修繕積立金が必要になるかもしれません。 すると、自分の負担が大きくなります。 そのことを忘れないでください。